マンション経営ノウハウ

マンション経営のメリットMerit

マンション経営を行うことでどのようなメリットがあるのでしょうか。他の投資と比べて何が優れているのかをご紹介します。

高い利回りで安定収入

金融機関などの一般的な預金利息が低金利を推移し、国債などの金融投資の利回りが軒並み低いのに対し、マンション経営は6〜9%と高水準の利回りで、安定した収入が期待できます。

その他の金融商品と比べて高水準の利率

少ない自己資金で大きな利益

マンション経営では、一般的な金融商品とは異なり、まだ取得していない土地・建物を担保に金融機関から借り入れができます(※)。借りる側の信用があれば、低金利で、上限もなく、自己資金の何倍もの借り入れができます。つまり、数億円の事業資金のほとんどを借入で賄い投資することが可能です。

老後の備えに

各種調査によると、夫婦2人の老後の生活基金は月28.9万円。医療費や、遊興費なども含め、「若い頃と同様の豊かな生活」を送るためには年間500万円という試算もあります。定年退職する60歳から20年生きると仮定すると1億円が必要です。公的年金の受給金額が減り続ける現在、安定した老後の生活を送るための「私的年金」として、マンション経営は適しています。

遺された家族の生活保障

万が一の備えとしての保険金は、一時的なもの。定期的に安定した収入が得られるマンション経営は、遺された家族の大きな生活保障となります。この際、借金が完済またはそれに近い状態になる必要がありますので、金融機関から借り入れる場合、年齢から逆算して借り入れ年数を組むことが重要です。

税金対策として

マンションを建てることにより土地・建物の評価が下がり、相続税対策として有効です。

ただし、相続税は、亡くなった時点の資産状況によって課税されます。本人が亡くなった時点で借り入れ額が少なく、家賃収入により資産が大きくなった場合、相続税額は増えてしまいます。