マンション経営ノウハウ

成功する3つのポイントPoint of Successt

マンション経営において、成功するためには何が必要か。
求められるポイントと、グッドライフカンパニーがどんなサポートができるのかを解説します。

利回りと入居率は「企画力」で決まる!

マンション経営において、最も重要なのは高い利回りと安定した入居率であることは間違いありません。それを決めるのが「企画力」です。比較的高い賃料でも、住む人にとって付加価値がある場合、入居率は高くなりますし、逆に、住む人にとってまったく魅力がない物件であれば、安い賃料でも入居率は低くなります。
また、マンション経営では、今人気のある場所でも将来的にどうか、といった長期的な視点も必要です。グッドライフカンパニーでは、この「企画力」に実績と、自信を持っています。

成功に導く、マンション経営の選択

マンション経営にはいくつかの選択肢があります。成功するポイントとして、グッドライフカンパニーで推奨している方法をご紹介します。

一棟 / 区分

マンションを一棟まるごと購入するか、分譲マンションの部屋ごとに購入する(=区分)かに分けられます。グッドライフカンパニーでは、効率の良い投資として一棟を勧めています。なぜなら一部屋取得する手間も、一棟も労力は同じです。
一年に一部屋取得しても10年で10部屋に過ぎません。30部屋の一棟を一挙に取得することが、“金持ち父さん”への近道です

また、1室のみを所有した場合、空室になると家賃収入はゼロに。入居者が多い一棟での所有が、入居率が下がるリスク回避にもつながります。

新築 / 中古

それぞれにメリット、デメリットがあるとして紹介した中古物件と新築物件。グッドライフカンパニーは新築物件を推しています。なぜなら市場に出回っている中古物件の中で、「建物の状況」、「家賃設定」、「入居者の内容」などの要件を満たす優良物件は非常に少なく、優良物件を探すことはプロでも難しいと言わざるをえないからです。

新築物件

  • 土地・建物の取得税控除
  • 完成から5年間は建物の固定資産税が1/2になる

中古物件

  • 取得税・固定資産税等の税の優遇が少ない
  • 中期手数料や取得経費が高く実利回りが低い

元利均等 / 元金均等

グッドライフカンパニーでは返済総額や、家賃下落のリスクを踏まえ、低金利時に多く返済が可能な元金均等返済がマンション経営に適していると考えています。
ただし、業者によっては1年目の事業計画で儲けが多く見える「元利均等返済」をすすめるケースも見られます。金融機関においても、指定しなければ元利均等返済となっていることが多いので、契約の際はしっかり確かめることが必要です。

法人化による節税

現在の日本の税制は、個人増税、法人減税の傾向にあります。所得の高い方が個人でマンション経営を始めると元々高い所得税の税率がさらに上がることになります。法人でマンションを経営し、家族への給与として収入を分散することにより税金を抑えることが可能です。

GOOD LIFE COMPANYならではのご提案をしています

これまでのマンション経営のノウハウを生かし、「企画力のある」提案をしています。

自社での設計を行うため、確かな「企画力」を生かせるコツ

どういった物件が人気、どういった土地にこれから人が集まるか…といった情報をもとに、確実に入居率を上げられるマンションをご提案します。また、時代により変わるニーズに応えられる広めの間取り、万人受けするデザインといった「コツ」を実践し、魅力ある物件をご提供します。
いい住まいプロジェクトにおいて、数字に基づいた根拠のあるマンションづくりを行っています。

いい住まいプロジェクトとは

グッドライフカンパニーでは、「それぞれの求める理想の住まいを基に最大公約数的基準を見つけ出し、これを追求し、カタチにしていく」をコンセプトとした、理想の住まいを追求し、商品を実現化するプロジェクト「いい住まいプロジェクト」に取り組んでおります。既存のマンションの調査結果や入居者アンケートをデータ化、それを基に徹底的に検証・検討を行うことで、より魅力的なマンションづくりに役立てています。