マンション経営ノウハウ

マンション経営のリスクRisk

マンション経営は、比較的低リスクの投資ですが、いくつかのリスクが存在します。
正しく理解し、回避することで安定経営につながります。

入居者の減少

入居率の低下は、そのまま家賃収入減となります。それを避けるためには、魅力ある物件であることが第一です。「建てれば入る」時代は終わり、「住む側にメリットのある物件が生き残る時代」へと変わってきています。

リスク回避のポイント

好立地・好条件
  • 交通の便や近隣の商業施設の有無等の好立地・好条件
適正な家賃
  • 住む側の魅力となるような適正な賃料
その土地に合った優良企画
  • 適切なプランニングによる建物構造や設備、ニーズに合った間取り等

不動産価値の下落

不動産の価格は日々変動し、当然下落するリスクも十分に考えられます。そのため、将来的に値下がりしにくい物件とすることがリスク回避となります。

リスク回避のポイント

将来に値下がりしにくい物件の選定
  • 人口統計・予測を基に人口が増える、減らない地域を選ぶ
  • 売却がしやすい、流動性の高い中心部を選ぶ
インカムゲインを目的に
  • 売却による短期的な利益(キャピタルゲイン)ではなく、資産を保有し安定的な収入を得る「インカムゲイン」を目的とする

建物の老朽化

不動産は経年変化により老朽化し入居率の低下につながります。ただし、古くなりにくい材質を使い、日々のメンテナンスにより老朽化を遅らせることができます。

リスク回避のポイント

老朽化しにくい材質を選択
  • 一般的に、RC構造の建物は劣化しにくいとされています
日々のメンテナンス
  • 定期的なメンテナンス、不具合が生じた時の迅速な処置